中国語圏のビジネス情報

中国語圏のビジネス情報
エアフライヤーブーム

中国でエアフライヤー(空气炸锅 コンチージャーゴウ)がブームになっています。極少量の油でフライドポテトやフライドチキンが作れる家電で、油を控えたい健康志向の人や、簡単に揚げ物料理をしたい人に人気です。日本ではノンフライヤ […]

続きを読む
中国語圏のビジネス情報
比亚迪(BYD)がテスラを抜く

7月3日に比亚迪(BYD ビーヤーディー)とテスラは同時に今年4月~6月の全世界における総販売台数実績を発表しました。比亚迪が35.34万台なのに対してテスラが25.47万台と、比亚迪がテスラを引き離し、世界一のEVメー […]

続きを読む
中国語圏のビジネス情報
马云はどこへ行く

1月7日に蚂蚁集团(マーイー ジートゥアン)は株主の構成が変化したことを発表しました。蚂蚁集团は马云(マーユン 日本では馬雲(ジャック・マー)と呼ばれています)が創業したアリババグループの中核会社で、アリババグループは中 […]

続きを読む
中国語圏のビジネス情報
今年のダブルイレブン

11月11日は中国のネットショップ業界では1年で最大のセールが開催される日です。日本のメディアでは「独身の日」と紹介されますが、いま中国でその呼び方がされることはあまりありません。「双11(シュアン シーイー)」という、 […]

続きを読む
中国語圏のビジネス情報
中国におけるウクライナ情勢報道

日本では連日、ロシアとウクライナの戦争に関するニュースがテレビやネットで流れていますが、情報統制されているロシアでは、ウクライナと戦争が起こっていることすら報道されていないと聞きます。では、ロシアとの関係が取り沙汰されて […]

続きを読む
中国語圏のビジネス情報
ラッキンコーヒーが黒字に

ラッキンコーヒー(瑞金咖啡 ルイジン カーフェー)は、中国のスターバックスと呼ばれることもある中国最大のコーヒーチェーンです。以前このコラムで触れたことがありますが、2020年にナスダックに上場したものの、不正経理で上場 […]

続きを読む
中国語圏のビジネス情報
中国ネット証券の闇

中国で急成長しているネット証券会社に、富途控股(フートゥー コングー)と老虎证券(ラオフー ジェンチュェン)という2つの会社があります。どちらも中国本土の人向けに、香港株や米国株を販売することを事業の中心としています。こ […]

続きを読む
中国語圏のビジネス情報
「小作文」事件

いま、中国のネットを騒がせているのが「小作文」事件です。平たく言えば、东方甄选(ドンファン ジェンシュエン)という通販会社と、董宇辉(ドン ユィホェ)という、そこに所属するインフルエンサーとの間のトラブルです。 もともと […]

続きを読む
中国語圏のビジネス情報
財務女神

今年中国企業の最大のIPOになると期待されるのが、中創新航(中创新航 ジョンチュアン シンハン)です。EVなどに使われる動力電池のメーカーで、以前こちらで紹介した寧徳時代(宁德时代 ニンダー シーダイ)や韓国のLG、日本 […]

続きを読む
中国語圏のビジネス情報
「寒気」を伝えろ

华为(ファーウェイ)の創業者、任正非(レン ジェンフェイ)の発した言葉が、中国のネット上で物議をかもしています。 任正非は华为(ファーウェイ)の社内掲示板に「会社全体の経営方針は、規模の追求から、利益とキャッシュフローの […]

続きを読む