中国語圏の文化芸能

中国語圏の文化芸能
ウクライナの蘭

ウクライナは中国語では乌克兰(烏克蘭 ウークーラン)と書きます。発音から作られた当て字で、最後に「蘭」という字がつくのですが、本当にウクライナカラーの蘭が誕生しました。 台湾の蔡英文総統のSNSで発表されたもので、白い蘭 […]

続きを読む
中国語圏の文化芸能
はちみー

中国のネット上で「はちみー」という言葉がはやっています。中国語では哈基米(ハージーミー)と書きますが、子猫などの動画と一緒に「はちみー」の歌が流れるので、かわいいもののことを「哈基米」と呼んだりします。 元ネタはウマ娘の […]

続きを読む
中国語圏の文化芸能
奴性と血性

中国で何かと話題を振りまいている王思聪(ワンスーツォン)という人物がいます。ショッピングセンターやマンションの開発を幅広く手掛ける万达集团(ワンダー ジートゥアン)という中国トップ企業の社長の御曹司で、これまでも派手な誕 […]

続きを読む
中国語圏の文化芸能
50kgのダイエット

毎年春節の時期は、中国では映画が盛り上がります。大型連休で映画を見に行く人が一年で一番多くなる時期なので、各映画会社がこぞって大作を放映するのが伝統になっています。年の初めなので、大年初一(ダーニェン チューイー)と呼ば […]

続きを読む
中国語圏の文化芸能
露营热(キャンプブーム)

中国でコロナの流行が深刻化し、上海がロックダウンされましたが、北京でも感染の拡大が起こっています。ロックダウンする事態にならないように、在宅勤務が推奨され、駅が封鎖されたり、レストランでのイートイン(堂食 タンシー)が禁 […]

続きを読む
中国語圏の文化芸能
唐山打人事件

唐山という町で起こった殴打事件が、今、中国のネットをにぎわせています。 唐山は河北省にある割と大きな町ですが、6月10日の深夜2時、3人の女性が焼肉店で食事をしていたところ、ナンパしてきた男性達に嫌がらせを受けました。一 […]

続きを読む
中国語圏の文化芸能
唐山打人事件 その後

前回書いた唐山打人事件の記事の反響が大きかったので、その続きを書きます。 6月10日、中国の唐山という町の焼き肉店で、女性が9人の男性に凄惨に殴られた事件ですが、私が前回の記事を書いたときは、殴打された女性は3人となって […]

続きを読む
中国語圏の文化芸能
唐山打人事件 その3

アクセスが多いので唐山打人事件の続きの情報です。事件の詳細は唐山打人事件 | 中国語いとも簡単教室 (bookstama.com)をご覧ください。 事件について詳しい情報が発表されないままですが、新たな怪事件が発生しまし […]

続きを読む
中国語圏の文化芸能
桃の缶詰がコロナに効く?

いま中国で桃の缶詰が爆発的に売れています。ECサイトではどこも完売、スーパーの棚からも姿を消しています。中国語で桃の缶詰は「黄桃罐头(ファントウ グァントウ)」ですが、もともと中国の東北地方で、風邪の時は桃の缶詰を食べる […]

続きを読む
中国語圏の文化芸能
離婚冷静期

2021年から中国で「離婚冷静期」が制定され、物議をかもしています。中国語では「离婚冷静期(リーフン ランジン チー)」と書きますが、「离」は「離」の簡体字なので、日本の漢字を使って書けば、そのまま「離婚冷静期」になりま […]

続きを読む