中国語圏のビジネス情報
超級な車の買い方

先日「アフターデジタル」の記事を上げて、中国の小売業はネットとリアルの違いをすでに意識していないという話をいたしましたが、その象徴的な店舗をご紹介します。巨大な猫の看板に車がいくつも収納された建物。あまりに巨大すぎて、車 […]

続きを読む
中国語圏のビジネス情報
アリババのスーパー

中国IT企業大手アリババが運営するスーパー盒马(ハーマー)の進化がすごいです。いけすからロブスターやカニ、イシビラメを選べて、好きな調理法で調理までしてくれます。5品頼んで300元(4800円)くらい。ロブスターも魚も丸 […]

続きを読む
中国語学習
犬の名は

中国の友人が、「日本語の犬の名前は長い。中国語ならだいだい二文字だ」というので、調べてみました。 中国で人気があるのは「金毛」(ゴールデンリトリバー)「泰迪」(トイプードル)です。「泰迪犬」のように「犬」の字をつけること […]

続きを読む
中国語圏のビジネス情報
アフターデジタル

日本でもコロナの影響でDXが騒がれていますが、中国のデジタル化がいかに進んでいるかわかる本です。2年前に中国に行ったときに私が漠然と感じたことが、この本には体系的にまとめられています。それはキャッシュレスが進んでいる、と […]

続きを読む
中国語圏の文化芸能
アカデミー賞と三字経

2021年のアカデミー監督賞を「ノマドランド」が受賞し、監督のクロエ・ジャオさんが非白人の女性で初めて監督賞を受賞したことが、日本でも大きくニュースに取り上げられています。これまでアメリカで活躍しているアジア系の監督は、 […]

続きを読む
中国語圏のビジネス情報
宏光mini EV

中国は日本よりも電気自動車の普及が圧倒的に進んでいて、ここでも日本企業がおいて行かれるかと危機感を感じます。昨年2020年7月に発売された、五菱宏光(ウーリンホングァン)の宏光mini EVは、2.88万元(約44万円) […]

続きを読む
中国語圏の文化芸能
创造营2021②

先日紹介した中国のアイドルオーディション番組「创造营2021」を、中国で活躍するジャーナリスト竹内亮さんが取材しています。日本語の字幕があるので中国語を知らない人にもご覧になれます。アイドルオーディションに合格すれば、ス […]

続きを読む
中国語圏のビジネス情報
ラッキンコーヒーの怪進撃

中国にはスタバを凌駕するコーヒーチェーンがあります。その名はラッキンコーヒー(瑞幸咖啡 Luckin Coffee)。中国国内4800店を目前とし、4200店のスターバックスを引き離しています。 実は、このラッキンコーヒ […]

続きを読む
中国語圏のビジネス情報
わけありのお店

中国で賞味期限間近の食品を売るスーパーが登場したというニュースがありました。昼間はお年寄り、夜は若い人たちがお客様だといいます。創業期のドン・キホーテを連想させる業態で、これからディスカウント路線で急成長する小売業も出て […]

続きを読む
中国語圏の文化芸能
创造101

韓国で生まれたオーディション番組「プロデュース101」が中国でも「创造101」として放送され、そこからデビューしたアイドルグループ「火箭少女101」が2018年に「卡路里」で大ヒットを飛ばすなど話題を呼びました。 今「创 […]

続きを読む